会社紹介
 



舞香花(もうかばな)という店名に込めた想い
「幸福が訪れる」という花言葉を持つ舞香花(サガリバナの別名)。お使いいただくお客様に幸福が訪れますようにとの願いを込めました。 ​


コンセプト
歳を重ねるごとに玄関で靴を脱いだり履いたりする時、かがんだりしゃがんだりすることがつらくなってきます。なかなかスムーズにできなくて、周りが気になったり焦ったりした経験はありませんか。そんな時にこれがあれば スムーズに靴を脱ぎ履きすることができ、かつ玄関を美しく彩ります。 ​


こだわり
*舞香花のスツールの生産は、すべて国内にて一流の職人によって丁寧に作り上げられています。

使用している張り布地は、1921年創業の京都西陣織の織元(株)もりさんで織られています。見た目は美しく雅な有職文様でありながら、強度は座面にも耐えうる数値となっております。

フレームは1973年創業の(株)山木工所で、ものづくりに対する熱い想いを持った職人が確かな技術で作り上げています。
2016年 大阪府ものづくり優良企業賞受賞

布張りは1969年創業の(株)さかとういすで、椅子張り1級・2級技能士を多数抱える国内では希少な専門集団。見事な技で難しい形状の張りを可能にしてくれました。

*舞香花のスツールの材料は、できる限り日本の素材・天然のものにこだわって作り上げられています。

布・・・・京都西陣織を使用
木材・・・北海道産ミズナラを使用
塗料・・・天然塗料オスモカラーを使用

*舞香花のスツールはフォルムも重視し、美しい曲線を出すために猫脚となっております。

本来西陣織という「和」と猫脚という「洋」が交わると不自然に見えますが、職人の経験と確かな技によって、決して不自然に見えない美しいフォルムが作り出されています。 ​